エプソン、25枚/分の高速スキャンが可能な「オフィリオ」スキャナ | RBB TODAY

エプソン、25枚/分の高速スキャンが可能な「オフィリオ」スキャナ

 エプソンは3日、「オフィリオ」ブランドのスキャナの新製品として、25枚/分の高速スキャンが可能なA4シートフィードタイプの「ES-D200」を発表。7月22日から発売する。

IT・デジタル 周辺機器
ES-D200
  • ES-D200
  • 幅広いサイズに合わせたフィードのイメージ
  • 付属のキャリアシートを利用した両面スキャンのイメージ
 エプソンは3日、「オフィリオ」ブランドのスキャナの新製品として、25枚/分の高速スキャンが可能なA4シートフィードタイプの「ES-D200」を発表。7月22日から発売する。価格はオープンで、直販サイト価格は44,980円。

 同製品は、仕事とプライベートに使えるA4シートフィードスキャナ。最大解像度は600dpiで、解像度200dpiの場合、カラー/モノクロとも25枚/分の高速スキャンが可能。解像度300dpiではカラー10枚/分、モノクロ20枚/分となる。

 用紙サイズはA4から名刺サイズまで幅広く対応。両面スキャンも可能となっており、付属品のキャリアシートに原稿を半分に折って挟み読み取ることが可能。半分のA4サイズに折ることでA3サイズの原稿もスキャンデータ化できる。

 「スキャナビパネル」を搭載することで操作方法を簡素化。スキャンデータの保存先や解像度、モノクロ/カラーなど、よく使うスキャン条件をあらかじめ設定登録しておけば、あとはボタン1つでスキャンすることが可能となっている。

 そのほかに、読み取った文字や画像の視認性/可読性を向上する補正機能として「文字くっきり」機能や「画像はっきり」機能、スキャン時に白紙面を自動的に消去する「白紙除去」機能などを装備。スキャンデータのPDF化においても、ファイルサイズをコンパクトにする「高圧縮PDF」や、セキュリティーを確保する「暗号化PDF」、全文検索ができる「透明テキスト付PDF」の作成などさまざまなPDFファイル作成機能を備えている。

 おもな仕様として、読み込み方式は読み取りヘッド移動による原稿固定読み取り、イメージセンサーはカラーCCDラインセンサーR/G/B(3ライン)、読み取り解像度は75/100/150/200/240/300/400/600dpi。インターフェースはHi-Speed USB/USB。光源は白色LED。本体サイズは幅303×高さ213×奥行き202mm、重さは約5kg。付属品はUSBケーブル(約1.8m)キャリアシートなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top