radikoで「初めてラジオを聴いた」10%、「久しぶりにラジオを聴いた」34% ~ 公式アプリのiPad対応も | RBB TODAY

radikoで「初めてラジオを聴いた」10%、「久しぶりにラジオを聴いた」34% ~ 公式アプリのiPad対応も

ブロードバンド ウェブ

iPhone スクリーンショット
  • iPhone スクリーンショット
  • 「radiko.jp」サイト(画像)
 IPサイマルラジオ協議会は28日、radiko.jp公式アプリケーション(iPad、iPod Touch、iPhone版)をバージョンアップするとともに、ユーザーアンケート調査の結果を一部公開した。

 iPhone版radiko.jp公式アプリ(バージョン1.1.0)において、本日国内販売が開始されたiPad(3G、Wi-Fiとも)、iPod Touch Wi-Fiモデルに対応した。さらにバッファ時間変更機能を追加、デフォルト15秒に加え、30秒、1分、3分が選択可能となり、回線が途切れがちな地下鉄・トンネルなどでも音声が途切れにくくなったとのこと。また、オフタイマー機能により15分、30分、60分、90分で自動的に音声を停止できるようになった。そのほか、起動時のGPS判定の安定性を改善させたという。

 また4月12日~4月25日にかけ実施したユーザーアンケート調査結果の一部も公開。2万2千超の回答があり、radiko聴取者の約8割が男性で、そのうち30~40代が6割を占めていることがあきらかとなった。女性は20~30代が全体の6割近くだった。聴取時間帯については、夕方から夜間にかけてが多く、朝良く聞かれる地上波ラジオと補完関係になっていたという。85%が地上波ラジオも含めて聴取時間が増えたとするとともに、10%がradikoによって「初めてラジオを聴いた」、34%が「久しぶりにラジオを聴いた」と回答。新たなラジオリスナーが開拓されていることが判明した。さらに詳細な結果については後日あらためて公表されるとのこと。

 iPhone/iPad/ iPod Touch版「radiko.jp」(radiko公式アプリ)は、3GまたはWi-Fi回線につながる場所で、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県で在京7局(TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオNIKKEI、InterFM、TOKYO FM、J-WAVE)が、大阪、京都、兵庫、奈良の2府2県で在阪6局(朝日放送、毎日放送、ラジオ大阪、FM COCOLO、FM802、FM OSAKA)が聴取可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top