ヴイエムウェア、全国29都市で「VMware 仮想化サミット2010」を開催 | RBB TODAY

ヴイエムウェア、全国29都市で「VMware 仮想化サミット2010」を開催

エンタープライズ 企業

「VMware仮想化サミット2010」サイト(画像)
  • 「VMware仮想化サミット2010」サイト(画像)
  • 「VMware仮想化サミット2010」開催地区
 ヴイエムウェアは18日、「VMware仮想化サミット2010」を、日本全国29都市にて開催することを発表した。

 大塚商会、兼松エレクトロニクス、デル、日本電気、日本アイ・ビー・エム、日本ヒューレット・パッカード、日立情報システムズ、日立製作所、富士通の9社と、29都市、50回以上にわたり共同開催する。第一回は6月22日の東京(ベルサール新宿)とのこと。

 「VMware仮想化サミット2010」では、「今だからこそ、成長戦略に効くIT資産の最適化を」をテーマにデスクトップからデータセンターまで、ヴイエムウェア製品を利用した仮想化の利点や価値について紹介。パートナとの共同開催都市では上記に加えて、IT資産をより効率的に利用するための、各社による具体的な仮想化ソリューションを紹介する。

  参加対象者は仮想化の導入、拡大を検討しているすべてのITユーザー企業および官公庁の経営企画部門、情報システム関連部門。そのほか、開催日程や内容の詳細については特設サイトにて確認可能。参加を希望する場合は特設サイトにて事前登録が必要とのこと(無料)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top