「セカイカメラZOOM」にTwitter連携機能が追加 | RBB TODAY

「セカイカメラZOOM」にTwitter連携機能が追加

IT・デジタル モバイル

タイムライン表示画面:最上部には最寄りのエアタグ(KDDIスタジオ)が表示され、クリックすると「ARビューモード」へ切り替わる
  • タイムライン表示画面:最上部には最寄りのエアタグ(KDDIスタジオ)が表示され、クリックすると「ARビューモード」へ切り替わる
  • KDDI
 KDDIは17日、同社のベータ版のサービスが掲載される「au one ラボ」にて、6月下旬から提供が予定されている「セカイカメラZOOM」に、「Twitterクライアント機能」を搭載したと発表した。

 これによりツイートのタイムライン表示や、投稿、返信、リツイート、フォロー管理などに対応するという。画面内には「ARビューモード」と「Twitterモード」のタブが表示され、それぞれのタブを切り替えることで「セカイカメラZOOM」とTwitterを使い分けることができる。また、「セカイカメラZOOM」でのエアタグの投稿がTwitterへも同時に反映される。

 「セカイカメラZOOM」は、昨年6月に発表された同社のARアプリ「実空間透視ケータイ」と頓知・(とんちどっと)の「セカイカメラ」を連携させた、AR(Augmented Reality:拡張現実)技術を用いたアプリケーション。ユーザーは「エアタグ」と呼ばれるテキストや写真などの情報を、特定の場所に貼り付けたり、貼り付けられた情報を読みとるなどして、場所に関する情報をユーザー間で共有できる。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top