KDDIと頓智・、「セカイカメラ」auケータイ版を提供へ | RBB TODAY

KDDIと頓智・、「セカイカメラ」auケータイ版を提供へ

 KDDIおよび頓智・は30日、auのAndroid搭載スマートフォンおよびau携帯電話におけるAR(Augmented Reality、拡張現実感)技術を用いたサービスの共同事業化で連携することを発表した。

ブロードバンド その他
「セカイカメラ」画面イメージ
  • 「セカイカメラ」画面イメージ
  • 実空間透視ケータイ「セカイカメラZOOM」サイト
 KDDIおよび頓智・(トンチドット)は30日、auのAndroid搭載スマートフォンおよびau携帯電話におけるAR(Augmented Reality、拡張現実感)技術を用いたサービスの共同事業化で連携することを発表した。

 6月上旬発売予定のauのAndroid搭載スマートフォン「IS01」において、ARアプリケーション「セカイカメラ」のAndroid版を世界で初めて提供するとともに、au携帯電話でも「セカイカメラ」の機能を利用できるアプリ「セカイカメラZOOM」を6月上旬からトライアル提供する。

 「IS01」対応の「セカイカメラ」では、AR技術ならではのインターフェイスを実現したとのこと。エアタグ(緯度経度に紐付いたコンテンツ)といっしょに写真を撮影できる新機能「Air Shot」や、auオリジナルデザインのエアタグを搭載するなど、頓智・との連携によるauスマートフォン独自の機能に対応する。Androidプラットフォーム独自機能である、ホーム画面上で常時動作する小型アプリケーション「App Widget」を活用し、「セカイカメラ」のアプリケーションを起動することなく、周辺のエアタグを参照することも可能。

 au携帯電話向けに提供されるアプリ「セカイカメラZOOM」では、携帯電話をかざした方向に存在するエアタグを、カメラのキャプチャー映像や擬似的な地平線といった実空間上に付加して閲覧できる。「セカイカメラZOOM」は、KDDIおよびKDDI研究所が共同で培ってきたARプラットフォーム「実空間透視ケータイ」と頓智・の「セカイカメラ」の連携により実現したもので、BREWR4.0を搭載するau携帯電話で利用可能(具体的な機種は近日発表)。「ライブビュー・モード」では、au携帯電話をかざした方向に存在するエアタグを、カメラのキャプチャー映像や擬似的な地平線といった実空間上に付加して閲覧可能。「透視モード」では、「実空間透視ケータイ」をベースに、遠くのコンテンツまでズームしてみることができる。エアタグからEZwebに接続して、気に入った商品をそのままショッピングサイトで購入したり、「LISMO!」の楽曲購入などが可能となる予定。情報料は無料。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top