ハイテク犯罪、 詐欺・悪質商法が個人情報流布・中傷を上回る ~ 警視庁 | RBB TODAY

ハイテク犯罪、 詐欺・悪質商法が個人情報流布・中傷を上回る ~ 警視庁

エンタープライズ セキュリティ

相談窓口電話受理状況(グラフ)
  • 相談窓口電話受理状況(グラフ)
  • 平成22年のハイテク犯罪対策総合センター相談窓口電話受理状況(4月末累計)
  • 警視庁「情報セキュリティ広場」サイト(画像)
 警視庁 ハイテク犯罪対策総合センターは14日、2010年の相談窓口電話受理状況(4月末累計)を公表した。

 ハイテク犯罪対策総合センターは、2000年(2000年)に設立され、ハイテク相談、業界団体等の連絡窓口である「対策班」、ハイテク犯罪の捜査について警察署の支援指導を行う「捜査班」、コンピュータの調査や技術的な支援を行う「技術班」で構成されている。ハイテク犯罪としては、コンピュータ犯罪、ネットワーク利用犯罪、不正アクセス事犯を対象としている。

 今回公表された集計によれば、「詐欺・悪質商法に関するもの(インターネットオークションを除く)が27.5%で1位となった。以下、「名誉毀損・誹謗中傷、脅迫、個人情報の流布に関するもの」23.8%、「不正アクセスによる被害、ネットワークセキュリティ、ウイルスによる被害に関するもの」13.7%、「違法有害なホームページ・掲示板等の通報、取締要望に関するもの」4.5%、「迷惑メール、スパムメールによる被害に関するもの 」4.1%などとなっている。

 詐欺・悪質商法が誹謗中傷・個人情報流布をわずかに上回った。それとともに2項目の合計で、ハイテク犯罪の過半数を超えていることも明らかとなっている。
《冨岡晶》

特集

page top