BIGLOBE、公衆無線LANサービス「ホットスポット」を月額525円に値下げ  | RBB TODAY

BIGLOBE、公衆無線LANサービス「ホットスポット」を月額525円に値下げ 

 BIGLOBEは23日、空港や駅、ホテル、カフェなどからインターネット接続が利用できる公衆無線LANサービス「ホットスポット」の利用料金について、4月利用分より改定すると発表した。

ブロードバンド 回線・サービス
料金改定内容
  • 料金改定内容
  • HOT SPOTのステッカー
 NECビッグローブ(BIGLOBE)は23日、空港や駅、ホテル、カフェなどからインターネット接続が利用できる公衆無線LANサービス「ホットスポット」の利用料金について、4月利用分より改定すると発表した。

 定額制プランの月額を、1,470円/月から525円/月に値下げする。また従量制プランについて上限(1,050円)を設ける。なお従来は、新幹線での利用のみ、定額制プランで525円/月、従量制プランで525円/日とする区分が設けられていたが、今回の料金変更でこれらの区分はなくなり、一律で新料金が適用される。価格はいずれも税込。

 「ホットスポット」はNTTコミュニケーションズが全国に展開する公衆無線LANサービス。最大54Mbpsでインターネット接続が可能。BIGLOBEのユーザIDを使って、約4,000箇所のアクセスポイントでインターネット接続が利用できる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top