2030年までに火星に宇宙飛行士を――オバマ大統領演説 | RBB TODAY

2030年までに火星に宇宙飛行士を――オバマ大統領演説

ブロードバンド その他

 米国のオバマ大統領は15日(現地時間)、NASA(米航空宇宙局)で演説。そのようすがNASAのYouTube公式チャンネルに公開された。

 大統領は演説でNASAの予算を今後5年間で60億ドル増額すると話した。また、2015年までに30億ドルを投資し、新たにデザインしたロケットを製造しはじめるとした。大統領は「我々はブレークスルーを望んでいる。今後10年で多くの飛行士を宇宙に送ることになるだろう」と名はした。

 また、2030年中ばまでに火星に飛行士を送り、地球に安全に帰還させる計画であることも明らかにした。

《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top