三菱、消費電力を従来品比約35%削減した23V型ワイド液晶 | RBB TODAY

三菱、消費電力を従来品比約35%削減した23V型ワイド液晶

IT・デジタル 周辺機器

RDT232WLM(ホワイト)
  • RDT232WLM(ホワイト)
  • RDT232WLM(ブラック)
 三菱電機は、液晶ディスプレイ「Diamondcrysta WIDE」の新製品として、消費電力を従来品比約35%削減したフルHD23V型ワイド液晶「RDT232WLM」を発表。4月23日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は27,800円前後。

 同製品は、「低消費電力液晶パネル」の採用で省エネ性能を向上した23V型ワイド液晶ディスプレイ。2009年5発売の従来品「RDT231WLM」との比較で、消費電力が51Wから33Wへ約35%削減した。

 また、省エネを支援する「ECO Professional」を搭載。表示画像の明暗に応じて自動で画面の明るさを下げ、消費電力を低減する「ECO設定」や、リアルタイムに省エネ電力値を画面上に表示する「ECOメーター」、累積でのCO2削減量が確認できる「省エネ管理」などの機能を備えた。

 10ビット信号処理により細かい階調表現ができる「10ビットガンマ機能」や、コンテンツに沿った最適な画質を簡単に設定可能な「DV MODE」などを搭載する。本体カラーはホワイト/ブラックの2色をラインアップ。

 ノングレアパネルを採用し、解像度は1,920×1,080ピクセルのフルHD対応、視野角は上下160度/左右170度、輝度は250cd/m2、コントラスト比は5,000:1(CRO非作動時1,000:1)。インターフェースはHDMI/DVI-D(HDCP対応)/ミニD-sub15ピン/3.5mmステレオミニ。スピーカーは1W×2。本体サイズは幅546×高さ450×奥行き230mm、重さは約5.6kg(スタンド含む)。付属品は信号ケーブル/オーディオケーブル/ベーススタンド/ブロックネックなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top