「Google日本語入力」ベータ版が大幅アップデート 〜 ATOK辞書インポートにも対応 | RBB TODAY

「Google日本語入力」ベータ版が大幅アップデート 〜 ATOK辞書インポートにも対応

ブロードバンド その他

Google日本語入力の画面
  • Google日本語入力の画面
  • 「いま」を変換すると、現在時刻を入力できるようになった
 グーグルは19日、「Google日本語入力」のベータ版をアップデートした。開発版で提供されていた機能を取り込んで、多数の点にわたる改善となっている。

 Windows版/Mac版共通の変更点としては、「学習アルゴリズムの改善」「単語辞書の更新(表外読みの単語拡充)「入力履歴サジェストの改善(誤変換サジェストの抑制)」「辞書ツールの機能向上(ATOKとことえり用のユーザー辞書をインポート可能に)」「ローマ字テーブルの機能向上」「キー設定ツールの機能向上」「MS-IMEモードでの無変換キー動作の変更」「現在時刻の入力を追加」などとなっている。

 さらにWindows版では、OS起動時に辞書領域を物理メモリ上に常駐させる機能を追加し、最大200%の高速化が実現したという。この機能はGoogle日本語入力を使用するときのディスクアクセスによる反応の悪化を防ぎ、デフォルトで有効になっている。そのほかインストーラの改善、かな入力での動作改善が図られているとのこと。

 すでにベータ版を利用している場合は自動的に更新され、バージョン番号が変更される(Windows版: 0.9.248.0→0.10.288.0、Mac版: 0.9.248.1→0.10.288.1)。ベータ版 (0.10.288.x) と開発版 (0.10.289.10x) の機能的な違いはないが、開発版がインストールされている環境にベータ版をインストールする場合、いったん開発版をアンインストールする必要がある。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top