アクトビラ、「3Dコンテンツ」の映像配信サービスを2010年夏から開始 | RBB TODAY

アクトビラ、「3Dコンテンツ」の映像配信サービスを2010年夏から開始

ブロードバンド その他
 アクトビラは18日、新たな取組みとしてビデオサービス「アクトビラ ビデオ」をさらに充実させるため、2010年夏から「3Dコンテンツの映像配信サービス」を開始することを発表した。

 アクトビラでは現在、家電メーカー各社が今年発売予定の3D対応デジタルテレビに対応した、3Dコンテンツのストリーミング配信サービスを準備中。このサービスは、3D対応デジタルテレビをブロードバンド回線に接続し、アクトビラ上の3D専用サイトから配信される3Dコンテンツを、専用メガネを利用し視聴できるようにするという。今後家電メーカー各社との一層の連携を図り、3Dコンテンツのストリーミング配信の本格サービスに向けて準備を進めていくとのこと。

 「アクトビラ」は2007年2月1日にサービス開始、同年11月より有料サービスを開始し、2010年2月末で累計接続台数170万台(うちビデオ対応機100万台)となっている。「アクトビラ ビデオ」対応テレビ・関連機器は、パナソニック、ソニー、シャープ、東芝、日立コンシューマエレクトロニクスなどの10社より146機種が発売中もしくは発売予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top