植村花菜「トイレの神様」が“涙なしには聴けない”と大評判 | RBB TODAY

植村花菜「トイレの神様」が“涙なしには聴けない”と大評判

 植村花菜の新曲「トイレの神様」が、“涙なしには聴けない”“号泣必至”“10 年に一度の名曲”と評判だ。10日の発売を前にネットでは大きな話題となっておりヒットの予感が漂う。

エンタメ その他
植村花菜「トイレの神様」
  • 植村花菜「トイレの神様」
  • 植村花菜「トイレの神様」
 植村花菜の新曲「トイレの神様」が、“涙なしには聴けない”“号泣必至”“10 年に一度の名曲”と評判だ。10日の発売を前にネットでは大きな話題となっておりヒットの予感が漂う。
 
 植村花菜「トイレの神様」は、10日にリリースされるミニアルバム「わたしのかけらたち」の収録曲。発売2ヵ月前にラジオでオンエアされると、その直後からリクエストや問い合わせが殺到し、有線問い合わせチャートでも第1位を獲得した。YouTubeでも先月ビデオクリップがフルコーラスで公開され、すでに10万回を超える再生を記録している。

 祖母の言葉や思い出、自身の半生を歌にした同曲。今は亡き祖母がくれた言葉や、祖母への感謝と後悔の思いを綴った歌詞が、多くの人の心を揺さぶり涙を誘ったようだ。話題沸騰中の同曲は、同じく亡くなった人をテーマに歌い、ラジオから人気に火がついたという共通点を持つ「千の風になって」を思い起こさせる。まだ聴いていない人は一度聴いてみるのもいいかも。
《大木信景》

関連ニュース

特集

page top