レコード/カセット音源をデジタル化するプレーヤー | RBB TODAY

レコード/カセット音源をデジタル化するプレーヤー

 ノバックは2日、レコードやカセットテープの音楽をデジタルデータ化する「Cassette&Record to DIGITAL」を発表。3月5日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は14,800円。

IT・デジタル その他
本体
  • 本体
  • パッケージ
  • PCと接続してアナログ音源をデジタル化するイメージ
 ノバックは2日、レコードやカセットテープの音楽をデジタルデータ化する「Cassette&Record to DIGITAL」を発表。3月5日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は14,800円。

 2月発売の従来品「RECORD to DIGITAL」はレコードの音楽をMP3/WMA/WAVの3種類の録音フォーマットにデジタルデータ化できるが、今回はさらにカセットテープデッキを内蔵。レコードと同様にカセットテープの音楽をデジタルデータに変換し、iPodやMP3プレーヤーをはじめデジタルオーディオプレーヤーで楽しめる。

 利用方法は、付属ソフト「Record Mate LP」をインストールしたPCとUSBで接続してソフトを起動するだけ。3W×2のスピーカーを内蔵しており、レコードやカセットテープの音楽を聞きながらデータ変換することが可能。単にレコード/カセットテープのプレーヤーとしても利用できる。

 データ変換の際には、音源を曲ごとにトラック分割することが可能で、手動分割と無音区間での分割に対応。レコードは33/45/78回転に対応し、45回転用アダプタを同梱する。また、MP3/WMAの場合は、ビットレート32/64/128/192/320の5種類から選ぶことができる。

 そのほかのおもな仕様として、対応OSはWindows 7/Vista/XP、対応レコードサイズはEP/LP、インタフェースはUSB2.0/1.1、RCA端子など。本体サイズは幅324×高さ125×奥行き274mm、重さは約2.5kg。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top