地デジ対応テレビは4,000万台以上に——NHK調査 | RBB TODAY

地デジ対応テレビは4,000万台以上に——NHK調査

IT・デジタル その他

地デジ化推進キャラクターの「地デジカ」(PRサイトより)
  • 地デジ化推進キャラクターの「地デジカ」(PRサイトより)
  • 2011年7月にはアナログ放送が終了(PRサイトより)
 NHKは5日、NHK会長定例記者会見資料として、独自調査による「デジタル放送の普及状況」を発表。それによると、1月末段階で約6,670万台の地上デジタル放送受信機が普及しているという。

 受信機の内訳は以下のとおり。カッコ内は1月の普及推定値。

 地上デジタル放送受信機の内訳は、プラズマ/液晶テレビが約4,244万台(約109万台)、ブラウン管テレビが約72万台(0台)、デジタルチューナー(チューナー内蔵レコーダーを含む)が約1,555万台(約52万台)、ケーブルテレビ用セットトップボックス(STB)が約819万台(約11万台)。地デジチューナー内蔵PCが約182万台となっている(PCのみJEITAデータより。2009年12月末時点のもの)。

 BSデジタル放送受信機の内訳は、総数が約6,684万台。内訳はプラズマ/液晶テレビが約4,163万台(約99万台)、ブラウン管テレビが約186万台(0台)、デジタルチューナー(チューナー内蔵レコーダーを含む)が約1,516万台(約35万台)、ケーブルテレビ用セットトップボックス(STB)が約819万台(約11万台)。なお、ケーブルテレビでアナログ変換された方式で視聴している世帯は約127万世帯。
《小口》

関連ニュース

特集

page top