スターティアラボ、宝印刷と電子ブック事業で提携 〜 IR関連資料の提供に電子ブックを採用 | RBB TODAY

スターティアラボ、宝印刷と電子ブック事業で提携 〜 IR関連資料の提供に電子ブックを採用

エンタープライズ その他

「アクティブック」イメージ図
  • 「アクティブック」イメージ図
  • 「スターティアラボ」サイト(画像)
 宝印刷とスターティアラボは28日、電子ブック制作事業で業務提携を行ったことを発表した。

 今回の提携は、IR関連資料の作成において、多様な顧客ニーズに答えていきたい宝印刷と、宝印刷が持つ上場企業へのブランド力・販売力を活用し、あらたな販路を築きたいスターティアラボとのニーズが一致したことが背景となっているという。宝印刷はディスクロージャーならびにIR関連物のコンサルティングを手がけており、この業務提携により、宝印刷のあらたなサービスメニューとして、スターティアラボが提供を行う電子ブック作成ソフト「アクティブック」を採用したとのこと。

 「アクティブック」は紙媒体を簡単に電子ブックへと変換できるソフト。すでに小学館、角川グループパブリッシングなど出版社を中心に500社以上の採用実績がある。書籍や雑誌、IR資料を電子ブック化しWEB上で閲覧できるようにすることが可能で、作成した電子ブックの販売、無料配布にも対応する。今回の採用により、Flashや音声などのリッチコンテンツをIR関連資料に利用できるなど、IR関連資料がより読み易くなるという付加価値を加えることができる見込みだ。「アクティブック」の価格は初期費用150万円(税抜)で、制作冊数やページ数、保存用サーバなどにかかる追加費用はない。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top