ソニー、不意のバッテリ切れに最適なポータブル電源 | RBB TODAY

ソニー、不意のバッテリ切れに最適なポータブル電源

IT・デジタル デジカメ

ポータブル電源の「CP-AL」
  • ポータブル電源の「CP-AL」
  • 充電・出力の仕組み
  • 充電池の「サイクルエナジー シルバー」
  • コンパクト充電器セットの「BCG34HS2R」
 ソニーは26日、ポータブルプレーヤーや携帯ゲーム機などの外出先における予備電源として活用可能な、USB出力機能付きポータブル電源の「CP-AL」を発表。4月20日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は4,000円前後。

 同製品は、同社が展開する充電池や充電器のブランド「サイクルエナジー」の新製品として発表されたもの。本体は、収納式電源プラグを搭載した「充電部」と、充電式リチウムイオン電池とUSB端子を内蔵した「出力部」で構成されたセパレートタイプ。充電を完了した出力部を切り離して持ち歩くことで、モバイル機器の外出先での急なバッテリ切れにも予備電源として対応するという。室内では充電部・出力部を合体させてACから充電を行なう仕組みだ。

 くり返し約500回の使用が可能で、出力部のUSB端子の接続にはPCと同じ認証方式を採用し、幅広い機器に使用可能とうたう。入力電源はAC100〜240V。出力はDC5V/500mA。出力時間は連続 約60分(5V/500mA出力時)、電池容量は1,120mAh。充電時間は約3時間。本体サイズは充電部が幅58×高さ46×奥行き21.5mm、重さが約45g。出力部が幅58×高さ64×奥行き17.5mm、重さが約63g。

 あわせて「サイクルエナジー」シリーズとして、約1,500回くりかえし使える充電式ニッケル水素電池や、電池付きのコンパクト充電器セット、電池付きの液晶・リフレッシュ機能付き急速充電器セットなど合計13機種も発表された。こちらも同様に4月20日発売となる。

 単3形の充電式ニッケル水素電池は約1,500回くりかえし使える「サイクルエナジー シルバー」、約1,000回くりかえし使える「サイクルエナジー ゴールド」を用意。ゴールドには単4形もラインアップしている。充電器・充電器セットは用途や機能に応じて下位から上位までを揃えた。価格はオープンだが、予想実売価格はサイクルエナジー シルバーの2本入りが500円前後、サイクルエナジー ゴールドの単3形は2本入りが800円前後、単4形は2本入りが600円前後。充電器・充電器セットは1,000円前後〜4,000円前後となっている。
《小口》

関連ニュース

特集

page top