親が最も抑えたい子どもの費用は「携帯電話料金」〜ブランド総合研究所調べ | RBB TODAY

親が最も抑えたい子どもの費用は「携帯電話料金」〜ブランド総合研究所調べ

エンタープライズ モバイルBIZ

なるべく安く抑えたい子どもの費用項目(親編)
  • なるべく安く抑えたい子どもの費用項目(親編)
  • 子どもに携帯電話を持たす必要性に有無(親編)
  • 子どもに携帯電話を持たすメリット(親編)
  • 子どもの携帯電話料金に対する考え(親編)
  • 1か月の子どもの携帯電話料金
  • 月々の携帯電話料金への配慮(子ども編)
 ブランド総合研究所は19日、子どもの携帯電話使用に関する調査で、親が最も抑えたい子どもの費用は携帯電話料金と発表した。

 子どもの携帯電話使用に関する調査は、1月8日から13日にかけて携帯電話を所有する小学6年生から高校3年生までの子どもをもつ親590人とその子ども599人に対して実施したもの。その結果、約半数にも上る親が「子どもの携帯電話料金」を最も抑えたい費用に挙げたほか、「子どもに携帯電話は必要」としながらも「子どもの携帯電話料金は高い」と回答した親は、どちらも約70%にもおよんだ。一方で、約80%以上の子どもは「携帯電話料金を気にしている」と回答した。

 これらの結果について、ブランド総合研究所は「(携帯電話は)必要だが、料金は高いという親の複雑な想いが浮き彫りとなった一方で、料金に気を使う子どもの気持ちも明らかになった」と分析する。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top