東京都、小笠原村まで海底光ファイバーケーブルを敷設へ | RBB TODAY

東京都、小笠原村まで海底光ファイバーケーブルを敷設へ

 総務省 関東総合通信局は24日、2009年度1次補正予算による「地域イントラネット基盤施設整備事業」を実施する東京都に対して、補助金の交付を決定した。

ブロードバンド その他
東京都「小笠原海底光ファイバーケーブル敷設による情報基盤整備、保守及び運用事業」イメージ図
  • 東京都「小笠原海底光ファイバーケーブル敷設による情報基盤整備、保守及び運用事業」イメージ図
 総務省 関東総合通信局は24日、2009年度1次補正予算による「地域イントラネット基盤施設整備事業」を実施する東京都に対して、補助金の交付を決定した。総事業費99億円中、66億円が交付される。

 東京都は、この事業により、八丈島から小笠原村父島および母島まで海底光ファイバーケーブルで接続し、公共施設間を超高速ネットワ−ク化する。これにより、遠隔医療や電子申請システム等の行政サ−ビスを提供するのが狙い。同時に、海底光ファイバ−ケ−ブルを小笠原村内にある既設の村営FTTH網へ接続し、それを電気通信事業者等に貸与する。これにより、村民へ超高速インタ−ネットサ−ビスおよび地上デジタル放送の提供が可能となる見込み。

 地域情報通信基盤整備推進交付金は、地域の特性に応じた情報通信基盤の整備を支援し、地域間の情報格差(デジタル・ディバイド)を是正することにより、地域住民の生活の向上および地域経済の活性化を図るもの。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top