NTT東、Android採用端末「光iフレーム」モニターを募集 | RBB TODAY

NTT東、Android採用端末「光iフレーム」モニターを募集

エンタープライズ その他

サービス開発イメージ
  • サービス開発イメージ
  • トライアル対応端末−「光iフレーム(仮称)」について
  • コンテンツ一覧
  • 「WIDGET + DIGITAL PHOTO FRAME」サイト(画像)
 NTT東日本は12日、フレッツ光を活用した待受情報配信サービスと、無線LANに対応したタッチパネルで簡単に操作できるAndroid採用端末「光iフレーム(仮称)」を開発中であることを発表した。ユーザの声を商品開発に反映させるため、12月よりフィールドトライアルを実施することとし、このトライアルに参加できるモニターを募集する。

 NTT東によれば、ブロードバンド回線の未利用世帯は1,000万程度存在しているとのことで、ユーザが便利さを実感できるアプリケーション・コンテンツが利用でき、かつ簡単に操作可能な端末が必要とし、待受情報配信サービス・端末の開発をするに至ったという。同社独自調査においてもっとも利用意向が高かった、20〜30歳代の女性をファーストターゲットとし、本トライアルにてユーザの意見を集約しながら、2010年度上期の提供を目指して開発を進めるとしている。

 「光iフレーム(仮称)」は無線LAN対応のデジタルフォトフレーム型端末。携帯電話より見やすくパソコンより軽量で簡単操作が可能、家庭内のさまざまな場所で利用できるものとなっている。通常はデジタルフォトフレームとして利用し、常時起動により必要なときに、ニュースや天気などの生活密着情報、レシピやチラシ、口コミ情報など自分が興味のあるコンテンツを、タッチパネルで簡単に見ることができる。待受情報配信サービスはウィジェット対応となっており、ユーザは欲しい情報を選択してメニューをカスタマイズできる。

 フィールドトライアルは2009年12月上旬より順次開始、2010年3月31日までの予定となっている。モニター募集人数は1,000名程度(応募者多数の場合は、抽選)。モニターには対応端末の無償貸与(終了後は返却)、コンテンツの無償利用が予定されている。応募条件は、利用場所がNTT東日本の営業エリアである新潟、長野、山梨、神奈川以東の17都道県であること、ブロードバンド回線を通してインターネットの利用が可能なこと、無線LAN環境を用意できることなどとなっている。NTT東日本が提供する「フレッツ光ネクスト」「Bフレッツ」「フレッツADSL」加入者以外でも、他社ブロードバンド回線に契約していれば応募可能。モニター応募は、12日14時〜30日まで、特設サイトより受付中。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top