BIGLOBE、Twitter連携のiPhone向けライフログアプリ「NumRecorder」を提供開始 | RBB TODAY

BIGLOBE、Twitter連携のiPhone向けライフログアプリ「NumRecorder」を提供開始

ブロードバンド その他

「NumRecorder」サイト(画像)
  • 「NumRecorder」サイト(画像)
  • 「NumRecorder」画面イメージ
 NECビッグローブは22日、体重や筋肉トレーニングなどのデータをWeb上に記録し、ダイエットや健康管理に活用できるiPhone/iPod touch向けライフログアプリケーション「NumRecorder(ナムレコーダー)」の提供を開始した。AndroidOS搭載携帯電話向けにもベータ版を提供する。

「NumRecorder」は、体重、筋肉トレーニングの回数、1日に歩いた歩数などを、iPhoneから記録し、グラフ化して表示できるもの。利用者は体重の推移やトレーニングの実施状況を“ライフログ”として手軽に管理することが可能となる。また、入力データを同時に「Twitter」に投稿し、友人と情報を共有することもできる。本サービスは、ライフログとコミュニケーションを組み合わせ、あらたな楽しみ方を提案するもので、英語版も提供されるという。

 iPhone上のキーボードの数字をタッチするだけで、データ(数値)の記録やグラフ化ができるなど、どこからでも直感的な操作で管理が可能。ライフログのテーマは自由に設定可能で、体重や体脂肪率、腹筋の回数、ウォーキングの歩数といったダイエットや健康管理に関するデータの他、ランチの費用、覚えた英単語の数、飲んだビールの本数など、利用者の目的に合わせてさまざまなライフログを記録できる。なお、利用者が多いライフログのテーマをランキングとして提供し、利用者のテーマ設定をサポートする。

 サービスの設定ページ上で、「Twitter」のIDと、投稿するテーマを設定すると、データの入力時に、自動的に「Twitter」にも投稿される。これにより、利用者はダイエットやトレーニングの状況を友人と共有し、競い合ったり励まし合ったりしながら楽しむことができる。

 利用料金はNumRecorder本体が230円(税込)/1,99ドル、機能限定のNumRecorder Liteは無料/Free。Liteは、記録可能なテーマ・データが体重(kg)、腹筋(回)、ウォーキング(歩)、ランチ代(円)、ビール(杯)に限定される。対象OSはiPhoneOS 3.0以降でAppStoreより入手可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top