Twitterもワンタッチで! 512のカラバリから選べる「HONEY BEE 3」 | RBB TODAY

Twitterもワンタッチで! 512のカラバリから選べる「HONEY BEE 3」

エンタープライズ モバイルBIZ

「HONEY BEE 3」(京セラ製)
  • 「HONEY BEE 3」(京セラ製)
  • ピンク(11月12日発売)
  • ピンク(11月12日発売)
  • ホワイト(11月12日発売)
  • ホワイト(11月12日発売)
  • ブルー(11月12日発売)
  • ブルー(11月12日発売)
  • イエロー(12月以降順次発売)
 ウィルコムおよびウィルコム沖縄は15日、ポップなカラーが特徴のストレート型端末「HONEY BEE」シリーズ第3弾「HONEY BEE 3」(型番:WX333K)の発売を発表した。11月12日より順次販売開始される。

 「HONEY BEE 3」(京セラ製)は本体背面のカメラ(アウトカメラ)に加え、新たに自分撮り用の「インカメラ」を搭載。アウトカメラ、インカメラともに約31万画素で、インカメラには超広角レンズが搭載されている。

 また、メール作成時に季節や時間で文字変換の候補が変わる「iWnn」や、長電話お知らせ機能、撮った写真や画像をアイコンにして、よく使う機能やサイトを登録できる「お気に入りメニュー」も備えている。「お気に入りメニュー」には初期設定で、本日よりウィルコム公式コンテンツになった「Twitter」のショートカットが設定されている。

 カラーバリエーションは、ピンク、ホワイト、ブルー、イエロー、ブラック、グリーン、オレンジ、パープルの8色で、ピンク、ホワイト、ブルーは11月12日に、その他の色も12月以降に順次発売される。

 さらに11月5日〜11月30日の期間、HONEY BEE 3の発売に合わせて、オリジナルカラーを選んでオーダーメイドできるキャンペーン「CHOICE 512 COLORS」が実施される。オーダーできるカラーの組合せは、表面8色、背面8色、テンキー8色の計512通りだ。

 サイズは約幅42mm×高さ120mm×厚さ9.9mm(折りたたみ時、突起部除く)で、重量は約73グラム。バッテリー駆動時間は連続通話が約7.5時間で、連続待受時間が約750時間。メインディスプレイは約2.0インチQVGA(240×320)。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top