ルフトハンザが機内ネットサービスを再開——2010年中に全長距離便機材で | RBB TODAY

ルフトハンザが機内ネットサービスを再開——2010年中に全長距離便機材で

エンタープライズ モバイルBIZ

ルフトハンザ
  • ルフトハンザ
  • FlyNetサービス中断について
 ルフトハンザ グループは12日、パナソニックの米国子会社Panasonic Avionics Corporationと提携し、2010年中旬をめどに機内にてブロードバンド接続サービス「FlyNet」のサービスを再開すると発表した。2010年末までにすべての長距離便機材でFlyNetサービスを提供する計画という。

 FlyNetでは、無線LANもしくはGSM/GPRS対応のPCやスマートフォンなどのモバイル機器を利用して、機内全クラスでインターネット接続が利用できるほか、携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)の利用も可能となる。

 決済は、携帯電話会社経由もしくはクレジットカードに対応する予定だが、課金プランや金額などの詳細は後日発表される予定だ。

 FlyNetは当初、ボーイングの「Connexion by Boeing」の採用により、2004年5月にミュンヘン-ロサンゼルス便で導入されたのを皮切りに、ルフトハンザ長距離路線機材82機のうち66機で提供されたが、「Connexion by Boeing」の終了に伴い、2006年12月31日をもってサービスが中断されていた。前回の提供期間中には、月々約3万人に利用されていたという。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top