シャープ、フルHDで約8.5倍の長時間録画が可能な「AQUOSブルーレイ」3機種 | RBB TODAY

シャープ、フルHDで約8.5倍の長時間録画が可能な「AQUOSブルーレイ」3機種

IT・デジタル レコーダー

BD-HDW50(上)/BD-HDW45(左下)/BD-HDW43(右下)
  • BD-HDW50(上)/BD-HDW45(左下)/BD-HDW43(右下)
 シャープは24日、「AQUOSブルーレイ」の新製品となるBlu-rayディスクレコーダー「BD-HDW50」、「BD-HDW45」、「BD-HDW43」を発表。10月24日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格はBD-HDW50が190,000円前後、BD-HDW45が140,000円前後、BD-HDW43が120,000円前後。

 BD-HDW50は1TB、BD-HDW45は500GB、BD-HDW43は320GBのHDDを搭載。全機種共通の仕様として、録画システム(MPEG-4 AVC/H.264トランスコーダー)のアルゴリズムを最適化することにより、デジタル放送の画質そのままに記録するDRモードに比べて、約8.5倍の長時間フルHD録画を可能とした。2層(50GB)のBlu-rayディスクの場合、最長で約36時間のフルHD録画が行なえる。

 2番組の長時間録画モードに対応。また、HDDへの2番組長時間モードの録画中でもBlu-rayディスク再生や、HDDからBlu-rayディスクへの高速ダビングを可能とし、利便性に配慮した。

 同社の液晶テレビ「AQUOS」との連動機能「AQUOSファミリンクII」に対応することで、テレビ側のリモコンから操作が可能。そのほか、対応する携帯電話で、録画した地上デジタル放送番組などを鑑賞できる「高画質 番組持ち歩き」機能、レコーダーに入れるだけで、簡単にBlu-rayディスクへの予約録画が可能な「マイディスク予約」、高画質でデジタルビデオカメラの撮影映像を取り込める「ハイビジョンビデオカメラダビング」などを搭載した。また、待機時の消費電力を約0.2Wに抑える低消費電力の「エコモード」機能を装備する。

 アンテナは地上デジタル・地上アナログ、BS・110度CSデジタル。インターフェースは映像/S映像/D1/D2/D3/D4/HDMI/光デジタル音声/USB/LAN(100BASE-TX/10BASE-T)/i.LINK/電話回線など。本体サイズはBD-HDW50が幅434×高さ76×奥行き299 mm、重さが約5.7kg。BD-HDW45/ BD-HDW43が幅434×高さ67×奥行き299 mm、重さは前者が約4.7kg、後者が約4.5kg。
《小口》

関連ニュース

特集

page top