ワコム、Windows 7のマルチタッチ機能に対応したタッチセンサーシステムの量産と出荷を開始 | RBB TODAY

ワコム、Windows 7のマルチタッチ機能に対応したタッチセンサーシステムの量産と出荷を開始

IT・デジタル ノートPC

 ワコムは16日、Windows 7のマルチタッチ機能に対応したタッチセンサーシステムの量産と出荷を開始したと発表。システムはノートPC向けとなる。

 同製品は、タッチパネルとコントローラ回路で構成。Windows 7に搭載されたマルチタッチ機能に対応し、ディスプレイに複数の指で直接触れることで直感的なPC操作が可能となる。

 センサーシステムは、ペンセンサー/マルチタッチセンサーを共通のコントローラ回路で行ないながら、それぞれのセンサー制御を独立して行なうことが可能。これにより、コントローラ回路の小型化、省力化、高性能を実現した。

 タッチセンサーシステムの特長は以下のとおり。

・Windows 7のマルチタッチ機能に対応。2本指で触れた位置を同時かつ正確に検知し、指の動きをコマンドとして認識するジェスチャー機能を支援。

・Windows 7で要求されるタッチ検知スピードの2倍の性能を確保。早い指の動きにでも正確にタッチ位置を検知し、スムーズな操作が可能。

・指の位置を検出する信号が小さい場合や、内蔵バッテリ駆動時で消費できる電力が限られた場合でも安定して信号を検出。

・タッチセンサーはガラスパネル1枚で構成されたシンプルで軽量な構造。ディスプレイの透過率もフィルムタイプやガラス2枚構造より高く、画像表示の劣化を少なくした。

・ペンセンサーシステムと組み合わせて搭載することで、ペンでも指でも入力操作が可能。状況に応じてシンプルで直感的なユーザインターフェイスの組み合わせが選択可能。
《小口》

関連ニュース

特集

page top