パナソニック、デジタルハイビジョンプラズマTV「新・ビエラ」Vシリーズに65V型と58V型を追加 | RBB TODAY

パナソニック、デジタルハイビジョンプラズマTV「新・ビエラ」Vシリーズに65V型と58V型を追加

IT・デジタル テレビ

TH-P65V1
  • TH-P65V1
  • TH-P58V1
 パナソニックは5日、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマTV「TH-P65V1」、「TH-P58V1」を発表。9月15日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格はTH-P65V1が700,000円前後、TH-P58V1が550,000円前後。

 両製品は、「新・ビエラ」Vシリーズの最新モデル。「ネオ・プラズマパネル」を搭載し、動画解像度1,080本を実現。フルHDの細部にわたるまで描写可能となり、より均質で高精細な映像が楽しめるという。また、世界最高のコントラスト比40,000:1(民生用市販のプラズマテレビとして。同日現在、同社調べ)を誇り、「黒」の表現力を高め、伸びのある輝きを可能にした。

 動画色空間の国際規格の一つ「xvYCC」に準拠した「x.v.Color」に対応。デジタルシネマ上映で使用されている色表現領域を満たし、映画本来の豊かな色をリマスターする「ハリウッドカラーリマスター」機能を搭載することで、従来の一般家庭では味わうことのできなかった質感豊かな表現力を可能にした。そのほか、高度なアルゴリズムで精度を高めた「リニアリティ制御」、スタジオモニターに迫る繊細な「デジタルカラー・リアリティ技術」などを備えた。

 サウンド面では新開発の「バーチャル3Dサラウンドシステム」を搭載し、本体の左右2chスピーカーだけで、より立体的で臨場感のあるサウンドが体感可能だという。また、スタンダード/スタジアム/ミュージック/シネマ/ニュースといった5つのサウンドモードを備え、コンテンツに合わせてのモード選択ができる。

 省エネ性も重視し、同社従来品に比較して、年間消費電力を約35%低減。TH-P65V1が325 kWh/年、TH-P58V1が310 kWh/年で、両製品ともにエコポイント対象製品となっている。

 おもな仕様は以下のとおり。

●共通仕様
・画素数:水平1,920×垂直1,080ピクセル
・動画解像度:1,080本
・コントラスト比:40,000:1(最大2,000,000:1/白表示輝度と全面黒表示輝度との比)
・音声実用最大出力:20W
・受信可能チャンネル:VHF:1〜12ch/UHF:13〜62ch/地上デジタル(CATVパススルー対応)/BSデジタル/110度CSデジタル/CATV:c13〜c63ch
・インターフェース:地上デジタル入力/地上アナログ入力/BS・110度CSデジタル-IF入力/HDMI×4/D4/音声入力×3/ビデオ入力×3/S2映像入力×2/ミニD-Sub15ピン/光デジタル音声出力/ヘッドホン/イヤホン/電話回線(2,400bps)/LAN(10BASE-T/100BASE-TX)など
・付属品:リモコン/電池/B-CASカード/クリーニングクロスなど

●TH-P65V1
・画面サイズ:65V型(アスペクト比16:9)
・本体サイズ:幅157.2×高さ101.6×奥行き41.5cm(スタンド含む)
・重さ:約 67 kg(スタンド含む)

●TH-P58V1
・画面サイズ:58V型(アスペクト比16:9)
・本体サイズ:幅142.2×高さ93.3×奥行き38.7cm(スタンド含む)
・重さ:約 52kg(スタンド含む)
《小口》

関連ニュース

特集

page top