洋式の公共トイレ8割が「抵抗あり」、でも「利用する」が多数派 | RBB TODAY

洋式の公共トイレ8割が「抵抗あり」、でも「利用する」が多数派

エンタメ その他

公共トイレへの抵抗に関する意識調査
  • 公共トイレへの抵抗に関する意識調査
 清潔な公共トイレが多くなっているとはいえ、不特定多数が利用する設備であることに抵抗感を持つ人も少なくない。アイシェアが公共トイレの使用についてネットユーザーに意識調査を実施し、20代から40代の男女568名の回答を集計した。

 公共の洋式トイレに座ることに「とても抵抗を感じる」は20.2%、「少し抵抗を感じる」が57.9%で、抵抗感を持つ人は合わせて78.2%。「抵抗を感じない」人は19.2%にとどまり、「公共のトイレで洋式は絶対に使用しない」人も2.6%いた。

 洋式に抵抗感を持つと回答した人に、公共トイレで洋式と和式がある場合どちらを使うか聞いたところ、「洋式」が61.3%、「和式」は38.7%だった。抵抗感を持ちつつも、和式トイレよりも楽だし使いやすいということだろうか。

 公共の洋式トイレを使用する人に便座シートがあれば使用するかを問うと、71.4%が「使用する」と回答。使用率は洋式トイレへの抵抗感が強い人ほど高まる傾向があり、洋式トイレに「少し抵抗を感じる」人では7割半、「とても抵抗を感じる」人では8割半だった。また、便座ふきとりシートやスプレーがあった場合でも75.2%が「使用する」と答え、こちらも抵抗感が強いほど使用率が上がる傾向がみられた。

 ちなみに公共トイレで異性の清掃員を見かけたことが「ある」のは67.1%。男性(86.5%)の遭遇率が高いものの、女性でも40.9%が遭遇経験ありと回答。また、異性の清掃員を見かけたことがある人に抵抗を感じたかと尋ねると、全体の41.2%が「抵抗を感じる」と答えた。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top