BIGLOBE、検索結果の絞り込みをワンクリックで可能に 〜 特定ジャンルの除外や期間の指定など | RBB TODAY

BIGLOBE、検索結果の絞り込みをワンクリックで可能に 〜 特定ジャンルの除外や期間の指定など

ブロードバンド その他

BIGLOBE ウェブ検索
  • BIGLOBE ウェブ検索
  • BIGLOBEサーチ 検索オプションの使い方
  • 検索結果から特定ジャンルのサイトを除くことができる
  • 検索結果を特定の期間にクロールされたサイトのみに絞り込むことができる
  • ひと続きの文・文字列(フレーズ)として検索できる
 BIGLOBEは27日、「BIGLOBEサーチ」に、検索結果をワンクリックで簡単に絞り込むことができる「絞り込み」機能を追加した。また、検索オプションの使い方をアニメーションで説明するページ「検索オプションの使い方」を公開した。

 今回追加された絞り込み機能は3つ。まず、検索結果から主要なブログ、ショップ、掲示板サイトを除く機能では、検索結果の上位をブログが占めたり、ショッピングサイトが並んでしまったときに、ワンクリックで検索結果の表示から除くことができる。2つ目の最近の情報を探す機能では、検索結果を特定の期間にクロールされたサイトのみに絞り込むことで、古いと思われる検索結果を除くことができる。最後に、思いどおりのキーワードで探す機能では、入力キーワードを区切らずに検索(フレーズ検索)できる。たとえば単純に「ETC割引」で検索すると2つのワードに分けられ「ETC」と「割引」 両方を含むサイトが検索結果となっていたが、この機能により簡単にキーワードを分けずに意図とおりに「ETC割引」で検索できる。

 これらの機能は、BIGLOBEが実施したお客様アンケート(5月実施)で、検索への要望として挙げられていた声を受けて、提供されるものとのこと。絞り込み機能を利用すれば、検索結果数が多すぎる場合や結果に満足できなかった場合に、目的の情報にたどり着きやすくなる見込みだ。BIGLOBEでは、今後もユーザーが求めている情報にたどり着きやすい検索を目指してWeb検索の満足度の向上に取り組んでいくとしている。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top