実売9千円台——日本HP、低ランニングコストを実現したビジネス向けインクジェットプリンタ | RBB TODAY

実売9千円台——日本HP、低ランニングコストを実現したビジネス向けインクジェットプリンタ

IT・デジタル ノートPC

HP Officejet 6000
  • HP Officejet 6000
 日本HPは22日、ビジネス向けのインクジェットプリンタエントリーモデル「HP Officejet 6000」を発表。7月31日より、同社直販サイトHP Directplusおよび販売代理店にて販売を開始する。直販サイト価格は9,870円。

 日本HPでは、ビジネス向けインクジェットプリンタとして大量印刷に適した耐久性を備える「HP Officejet Proシリーズ」、リーズナブルな価格ながらビジネス機能を標準搭載した「HP Officejetシリーズ」の2つのラインアップを用意しているが、今回のHP Officejet 6000は、HP Officejetシリーズの新モデルとなる。A4対応の単機能プリンタで、4色独立インクシステムの搭載により、A4カラー1枚7.6円の低ランニングコストを実現。

 250枚収納可能な大容量前面給紙トレイを装備。モノクロ最高32枚/分、カラー最高31枚/分の高速プリントが可能で、黒インクにはにじみのないシャープな画質を実現する顔料インク、カラーインクには階調の表現力に優れた染料インクを採用。最速モードにおいても実用的な印刷品質を実現するという。

 そのほか、HPプリンタドライバでインク量を調整することにより、インク消費を約25%削減可能。消費電力はほかの低価格帯レーザープリンタと比較して、約40%低減。国際エネルギースタープログラムの新基準(バージョン1.1)に適合するなど、省エネにも配慮している。インターフェースにはUSB2.0/LAN(100Base-TX/10Base-T)を装備した。対応OSはWindows Vista / XP /2000、Mac OS X 10.4.11〜10.5.x。本体サイズは幅458×高さ164×奥行き389mm、重さは4.8kg。
《小口》

関連ニュース

特集

page top