「Microsoft Office 2010」はWindows Live経由で無償利用が可能に 〜 テクニカルプレビューが開始 | RBB TODAY

「Microsoft Office 2010」はWindows Live経由で無償利用が可能に 〜 テクニカルプレビューが開始

ブロードバンド その他

「Office 2010テクニカルプレビュー」サイト
  • 「Office 2010テクニカルプレビュー」サイト
 米Microsoft(マイクロソフト)は現地時間13日、米ルイジアナ州ニューオーリンズにて開催中の「Microsoft Worldwide Partner Conference 2009」において、Microsoft Office 2010がテクニカルプレビュー段階に入ったことを発表した。

 Office 2010とともに、SharePoint Server 2010、Visio 2010、Project 2010も同じくテクニカルプレビュー段階に入ったという。同日、テクニカルプレビュープログラムの一環として、数万ユーザがOffice 2010とVisio 2010のテストに招待された。またMicrosoft Worldwide Partner Conferenceのすべての参加者に、テクニカルプレビュー プログラムの招待状が送られた。Microsoft Connectユーザであれば、誰でもベータプログラムをダウンロード可能となっている。

 Office 2010は、Word 2010、PowerPoint 2010、Excel 2010、Microsoft OneNote2010で構成され、軽量なWebアプリケーションとして提供される。これによりOffice 2010はデバイスに依存せずに、どこからでもドキュメントにアクセス、利用が可能となる。またWebアプリとして各種共同作業もサポートする。Windows Liveを通じて無償で利用可能。Officeのボリュームライセンスを契約している企業顧客も利用できる。新機能としてはPowerPoint 2010のビデオや写真の編集、ブロードキャスト機能、Microsoft Office Backstageによる容易なドキュメント作成、より素早くデータを可視化し傾向を示すExcel 2010のスパークライン機能などが搭載される。2010年上半期より提供の予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top