日本HP、10/100Mbpsのレイヤー3スイッチ「HP ProCurve3500シリーズ」を発表 | RBB TODAY

日本HP、10/100Mbpsのレイヤー3スイッチ「HP ProCurve3500シリーズ」を発表

エンタープライズ モバイルBIZ

 日本ヒューレット・パッカードは10日、レイヤー3スイッチの新シリーズ「HP ProCurve3500シリーズ」を発表した。7月16日より販売開始する。

 3500シリーズは、既存のボックス型レイヤー3スイッチである「HP ProCurve 3500ylシリーズ」と同等の機能を持ちながら、転送速度を10/100Mbpsにすることで価格を抑えた製品となる。ルーティング機能を含めた高機能製品を低価格で求める、中堅中小規模企業や企業の出張所などに最適な製品とのこと。

 3500シリーズでは、HP ProCurveシリーズの特長である、自社開発のプログラム可能な特定用途IC「ProVision ASIC」を搭載。部品点数を抑えることで省電力と高い信頼性を実現した。また、故障時の部品無償交換を無期限で行うライフタイム保証も提供する。GBIC(ギガビットイーサーネット対応のモジュール)を4つ搭載可能で、高速ネットワークとの接続が可能、製品動作温度は0〜55対応となる。MACアドレス、802.1X、Webの混在認証に対応し、ポート毎に最大・最小保証帯域の設定、制御が可能(レートリミット)となっている。サンプルパケットを採取する「sFlow」にも対応する。

 3500シリーズは、2009年10月31日までの期間限定で実施中の「HP ProCurve L2/L3スイッチ乗り換えキャンペーン」の対象製品のため、最大40%引きのキャンペーン価格が適用される。価格はHP ProCurve Switch 3500-24(24ポート搭載)312,900円(税込)がキャンペーン価格185,850円、HP ProCurve Switch 3500-24-PoE(24ポート搭載、PoE対応)396,900円がキャンペーン価格237,300円、HP ProCurve Switch 3500-48(48ポート搭載)533,400円がキャンペーン価格333,900円、HP ProCurve Switch 3500-48-PoE(48ポート搭載、PoE対応)690,900円がキャンペーン価格448,350円。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top