BitTorrent、無料配信サービスを開始 〜 「BitTorrent DNA」の一部を無償化 | RBB TODAY

BitTorrent、無料配信サービスを開始 〜 「BitTorrent DNA」の一部を無償化

エンタープライズ その他

BitTorrentの配信用HTML生成ページ(画像)
  • BitTorrentの配信用HTML生成ページ(画像)
  • 動画共有サイト「zoome」(画像)
 BitTorrentは10日、同社が提供するコンテンツ配信技術「BitTorrent DNA」サービスの一部を無償化すると発表した。

 BitTorrent社のサイトの配信用HTML生成ページで、配信したいコンテンツのURLを入力すると、BitTorrent DNAを利用するために必要となるHTMLの変更部分が自動生成される。この自動生成されたHTMLを置き換えるだけで、面倒なトレントファイルの作成、トラッカーの設置運用を行うことなく、DNAを利用した配信が可能になる。この機能は現在BitTorrent社の英語サイト上でのみ利用可能となっており、まもなく日本語サイト上でも利用可能になる予定。配信するファイル数、バイト数などに制限はなく、またコンテンツの有償、無償も問われない。

 BitTorrent DNAは、トラフィックの集中するコンテンツ、大容量データの配信に適したハイブリッド型(HTTPサーバとP2Pを併用可能)のP2Pデータ配信の仕組みとなる。従来のP2Pソフトによる匿名性のあるファイル交換とは異なり、コンテンツ提供者による配信コントロールが可能であり、安心・安全なコンテンツ配信が、既存のCDNやオリジナルサーバで実現可能。すでに国内外の多くのコンテンツホルダー、ゲーム開発社/運用事業社、ネットワーク機器ベンダーなどで採用されており、動画共有コミュニティ「zoome」では、同日よりHD画質の配信に対応すると共に、BitTorrent DNAサービスの利用を開始している。この取り組みは動画共有サイトとしては国内初の事例とのこと。今回の取り組みでは、BitTorrent DNAをインストールしたユーザーに対し、従来のzoomeでは最大1.5Mbpsであった動画ビットレートを最大3Mbpsまで拡大し、国内では最高品質のHD画質相当の動画を配信、閲覧できるようになった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top