日立ソフト、データセンター向け運用支援ソフト「GoodStaff」を販売開始 | RBB TODAY

日立ソフト、データセンター向け運用支援ソフト「GoodStaff」を販売開始

 日立ソフトは11日、データセンターでオペレータが日々行っている巡回チェック作業を効率化し、かつ人的ミスを防止するソフトウェア「GoodStaff」を発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
「GoodStaff」製品概要イメージ
  • 「GoodStaff」製品概要イメージ
  • 引き継ぎ日報確認
  • 作業実績一覧
 日立ソフトは11日、データセンターでオペレータが日々行っている巡回チェック作業を効率化し、かつ人的ミスを防止するソフトウェア「GoodStaff(グッドスタッフ)」を発表した。販売開始は12日より。

 「GoodStaff」は、オペレータが実施する作業項目を電子リスト化し、タブレットPCによる巡回チェックを実現する製品。作業スケジュール機能や報告書作成支援機能により作業効率の向上を実現した。また、作業の進捗状況をマネージャがチェックすることにより作業漏れを防止し、オペレータ間での引継ぎ情報や周知情報を確実に伝達することにより人的なミスを低減できる。作業報告書(日報)や管理台帳なども電子化される。

 価格はGoodStaffライセンス(30ユーザーまで利用可能)が892万5千円(税込)。GoodStaffサーバはWindows Server 2003 R2で稼働、SQL Server 2005 Standard Edition、TOMCAT 6.0、IIS 6.0、BizFlow 11.3を搭載する。クライアントPCおよびタブレットPC側はWindows XPおよびMicrosoft Office Access 2003を利用する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top