ラトックシステム、一般公衆回線でのデータやFAX通信を可能とするアナログモデム | RBB TODAY

ラトックシステム、一般公衆回線でのデータやFAX通信を可能とするアナログモデム

IT・デジタル ノートPC

「RS-232C 56K DATA/14.4K FAX Modem」(型番:REX-C56EX)
  • 「RS-232C 56K DATA/14.4K FAX Modem」(型番:REX-C56EX)
  • 利用イメージ
  • インターフェースと各部の名称
 ラトックシステムは27日、PCのRS-232Cポートに外付けで接続するアナログモデム「RS-232C 56K DATA/14.4K FAX Modem」(型番:REX-C56EX)を発表。5月中旬より販売する。価格は13,500円。

 同製品は、PCに接続することで一般公衆回線を使ったデータおよびFAX通信を可能とするアナログモデム。FAXソフト(Class1対応)があれば、PCでダイレクトにFAXデータを送受信することができる。デジタル回線が普及する一方で、公衆回線を利用したアナログモデムに対する需要に応じた製品だという。

 接続時やデータ送受信中などの動作状況を確認できるLEDを本体上面に装備。電話回線とつなぐモジュラーケーブル(長さ約150cm)やPCとつなぐRS-232Cケーブル(長さ約150cm)を付属。本体のサイズはハガキとほぼ同じ幅128×高さ25×奥行き90mm、重さは146.8gの小型軽量ボディとなっている。

 対応OSは、Windows Vista/XP/Server 2008/Server 2003、Linux。インターフェースは、PC側がD-sub9ピン、電話回線側は2線式モジュラージャック。ACアダプタを付属する。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top