マイクロソフト、ネットブック向けに2年限定ライセンスの「Office Personal 2007」提供開始 | RBB TODAY

マイクロソフト、ネットブック向けに2年限定ライセンスの「Office Personal 2007」提供開始

エンタープライズ その他

 マイクロソフトは15日、ネットブックなどの小型ノートブックPC向けとなる「Microsoft Office Personal 2007 2年間ライセンス版」を発表した。すでにPCメーカー向けに提供開始されており、4月以降各社より出荷されるネットブックに順次搭載、市場投入される予定だ。

 「Personal 2007 2年間ライセンス版」は、通常版のMicrosoft Office Personal 2007と同様に、Microsoft Office Word 2007、Microsoft Office Excel 2007、Microsoft Office Outlook 2007、およびMicrosoft Office IME 2007を含んだスイート(統合)製品。2年間の有効期限を設定する代わりに、通常より低価格の設定にし、ネットブック向けに特化されたライセンスとして各メーカーに供給されるものとなる。ユーザは2年間の有効期限が経過した際に、「Microsoft Office Personal 2007 アップグレードパッケージ」「Microsoft Office Personal 2007 通常パッケージ」を購入することで永続ライセンスへの切り替えを選ぶことが可能だ。なお一般パッケージとして市販される予定はないとのこと。

 15日現在、Personal 2007 2年間ライセンス版のプレインストールを表明しているのは、ASUSTeK Computer Inc.、NECパーソナルプロダクツ、エプソンダイレクト、デル、東芝、日本エイサー、日本ヒューレット・パッカード、富士通、レノボ・ジャパンの9社。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top