レノボ・ジャパン、10.1V型ワイド液晶搭載ミニノートPC「IdeaPad S10e」にマットブラック追加 | RBB TODAY

レノボ・ジャパン、10.1V型ワイド液晶搭載ミニノートPC「IdeaPad S10e」にマットブラック追加

IT・デジタル ノートPC

IdeaPad S10e
  • IdeaPad S10e
  • 新色のマットブラック
  • 計4色のカラバリ
 レノボ・ジャパンは15日、10.1V型ワイド液晶搭載ミニノートPC「IdeaPad S10e」に新色となるマットブラックを追加すると発表。4月22日より販売する。価格オープンで、予想実売価格は49,980円。

 同製品は、同社がワールドワイドに展開するミニノートPC「IdeaPad」シリーズとして、2008年12月に発売された10.1V型ワイド液晶搭載の日本市場向けモデル。本体カラーが既存のホワイト/ブルー/ピンクに追加された新色マットブラックとなる。同時に、既存色の名称がそれぞれパールホワイト/アクアブルー/リップピンクに変更されるという。

 おもな特徴として、OSを完全に立ち上げる前、電源をONにした数秒後にブラウザやメールが使えるLenovoクイック・スタート機能を装備。ワンプッシュするだけでお気に入りのアプリケーション(Application Launcher/アプリケーション・ランチャー)を簡単に起動できるNovoボタンや、複数の指を感知するマルチタッチ(ピンチ・イン、ピンチ・アウト)機能付きパッドを備えている。

 仕様としては、10.1V型ワイド液晶ディスプレイはLEDバックライト付き。OSはWindows XP Home Edition SP3、CPUはインテルのAtom N270(1.6GHz)、160GBのHDD、メモリは1GBを搭載。駆動時間が最大5.3時間の6セルバッテリを装備する。本体サイズは幅250×高さ22×奥行き196mm、重さは1.38kg。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top