ファイザー製薬、「SoftBank X05HT」約3000台とMSの管理サーバを導入 | RBB TODAY

ファイザー製薬、「SoftBank X05HT」約3000台とMSの管理サーバを導入

 製薬会社のファイザーは2日、ソフトバンクモバイルより発売中のWindows Mobile搭載の携帯電話「SoftBank X05HT」約3,000台を、業務用携帯電話として社内の全医薬情報担当者向けに導入すると発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
 製薬会社のファイザーは2日、ソフトバンクモバイルより発売中のWindows Mobile搭載の携帯電話「SoftBank X05HT」(HTC製)約3,000台を、業務用携帯電話として社内の全医薬情報担当者(MR=Medical Representatives)向けに導入すると発表した。

 またファイザーは、携帯端末の管理サーバであるマイクロソフトの「Microsoft System Center Mobile Device Manager 2008日本語版(SCMDM 2008)」を同時に導入し、業務用携帯電話のセキュリティ強化と一括管理を行い、MRの業務においてソフトバンクの携帯電話を最大限に活用できる環境を整備したとのこと。ファイザーが採用する、Windows Mobile搭載携帯電話とSCMDM 2008の併用によるモバイル環境は、世界最大規模とのことで、より顧客志向を強化していくとしている。

 「SoftBank X05HT」の導入の背景として、外出先や移動中など、Microsoft Exchange Serverのメールやスケジュールを「SoftBank X05HT」のOutlook Mobileを利用しリアルタイムに確認できるようになることで、医師からの問い合わせなど、顧客対応のいっそうの迅速化を図り、MR業務の活性化と効率化を促進できるすることだという。SCMDM 2008を利用することで、社外へ持ち出す携帯端末の管理を強化するとともに、セキュリティを高め、ファイザーとしてのグローバルセキュリティポリシーを厳格に運用可能とするのが狙いだ。携帯電話の導入から運用までの携帯電話にかかわる業務についてソフトバンクテレコムのサポート体制を活用することで、MR活動をサポートする高品質なモバイル環境を提供することなどもメリットとしている。

 ソフトバンクモバイルとソフトバンクテレコムは、グループの総合力を活かし、先進的で付加価値の高いサービスを提供することにより、ファイザーの顧客志向強化を支援していくとのこと。またマイクロソフトは、MR活動の生産性向上を実現するため、あらゆるビジネスに迅速に対応できる柔軟性を持った最適なモバイル環境の構築を、ソフトバンクモバイル、ソフトバンクテレコムとともに支援していく。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top