ソフトバンクモバイル、クロスカットデザイン携帯「831P」を発売 | RBB TODAY

ソフトバンクモバイル、クロスカットデザイン携帯「831P」を発売

ブロードバンド その他

「831P」(パナソニックモバイルコミュニケーションズ製)
  • 「831P」(パナソニックモバイルコミュニケーションズ製)
  • 「831P」(ゴールド)
  • 「831P」(ゴールド)
  • 「831P」(ゴールド)
  • 「831P」(ゴールド)
 ソフトバンクモバイルは、クロスカットデザインで12個のワンタッチ機能を搭載したワンセグケータイ「831P」を27日に発売する。

 「831P」(パナソニックモバイルコミュニケーションズ製)は、表面に重なり合うクロス柄をあしらった“クロスカットパネル”を装備。「830P」に搭載されていた、新着メール表示やカレンダー表示などの操作をボタンひとつで行える“10個のワンタッチ機能”に、新たにワンセグをボタンひとつで起動できる「テレビボタン」と、指定したサイトへボタンひとつでアクセスできる「ワンタッチサイトボタン」の2つのボタンを加えた“12個のワンタッチ機能”を搭載し、3Gハイスピード(3.6Mbps)や、海外でも利用が可能な“世界対応ケータイ”に対応。約2メガピクセルのオートフォーカスカメラ、約3インチのフルワイドQVGA液晶を搭載している。

 サイズは約幅49mm×高さ109mm×厚さ15.9mm(突起部除く。折りたたみ時または閉じた状態)で、重量は約115グラム。バッテリー駆動時間について、連続通話時間は約180分(3G)/約180分(GSM)、連続待受時間は約370時間(3G)/約280時間(GSM)。カラーバリエーションはゴールド、ブラック、ホワイト、ネイビー、ピンクの5色。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top