楽天、イーバンク銀行を連結子会社化 | RBB TODAY

楽天、イーバンク銀行を連結子会社化

エンタープライズ その他

 楽天は10日、イーバンク銀行の議決権の保有のために銀行法上必要な主要株主認可を、金融庁から取得したことを発表した。

 楽天が保有していたイーバンク銀行の乙種優先株式666,000株の全株式を普通株式へ転換請求し、普通株式666,000株を取得したとのこと。これにより、連結財務諸表上、2009年度第1四半期(2009年1月1日-3月31日)よりイーバンク銀行を楽天の連結子会社として扱うとのこと。なお、普通株式への転換後、楽天のイーバンク銀行普通株式の保有比率はこれまでの0.05%から46.39%となる。2008年9月30日時点での議決権数を前提とした場合の議決権保有比率はこれまでの0.05%から48.69%となる。

 楽天はイーバンク銀行と、2008年9月に資本・業務提携契約を締結し、優先株式199.8億円の引受を行っている。また、同社子会社である楽天クレジットの個人向けローン事業をイーバンク銀行との間で事業統合する準備を進めていた。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top