富士通テン、正確な音を実現する高級オーディオシステム | RBB TODAY

富士通テン、正確な音を実現する高級オーディオシステム

 富士通テンは、「タイムドメイン理論」に基づくホームオーディオシステムECLIPSE TDシリーズの最高級モデルとして、スピーカーシステム「TD712zMK2」と、ショートスタンドタイプの「TD712zMK2-S」を発表。2月下旬から発売する。

IT・デジタル その他
TD712zMK2とTD712zMK2-S
  • TD712zMK2とTD712zMK2-S
 富士通テンは、「タイムドメイン理論」に基づくホームオーディオシステムECLIPSE TDシリーズの最高級モデルとして、スピーカーシステム「TD712zMK2」と、ショートスタンドタイプの「TD712zMK2-S」を発表。2月下旬から発売する。価格はTD712zMK2が346,500円、TD712zMK2-Sが325,500円。

 ECLIPSE TDシリーズは、音が伝わる空気の動きを正確に再現することを目指す「タイムドメイン理論」に基づいたホームオーディオシステム。2001年の発売以来、正確で聴き疲れのしない自然な音がオーディオファンや、国内外のトップアーティストに高い評価を得ているという。

 今回発表されたTD712zMK2は、2004年に発売した「TD712z」の後継モデルとなる。従来モデルと比較して、内部容積を約20%アップさせ再生周波数帯域を拡大。より豊かな音を楽しめるという。また、エンクロージャーに、同一半径面が存在しない卵形ラウンドフォルムを採用し、内部定在波や前面バッフルの角で発生する回折効果を抑制している。

 振動板には軽量かつ高剛性で適度な内部損失を持ち、素材固有の音色が少ないグラスファイバーを使用する。また、振動板の周囲を支える支持材であるエッジ部分にはコルゲーションエッジを採用。ダンパーの構造も見直し前後運動の対称性をアップさせ、より正確なストロークを実現した。さらに、磁気回路はマグネットやボイスコイルの最適化と、ギャップを最小化するなどで強化し、従来モデルより磁束密度を約10%アップ。正確な音を維持しながら、ハイパワーな音を再生するという。

 スピーカー部とスタンド部は、3本のスパイクと独自の特殊固定構造で点接触を実現。不要な振動を最小限に抑えタイトな低音域の再生を可能にしたという。また、従来モデルよりも簡単にリスニングポイントを調整できる角度調整機能も採用。リスニング環境に応じてスピーカー部を上方向0〜12度の範囲で調整でき、音像を耳の高さに引き上げ、より立体的な音像再現が可能になったという。 

 ユニットは径12cmフルレンジ。再生周波数帯域は35〜26,000hz(−10dB)。能率は84.0dB/W・m2。許容入力は、定格35W/最大70W。インピーダンスは6Ω。本体サイズはTD712zMK2の本体サイズは、幅347×高さ989×奥行き431mm、重さ25.0kg。TD712zMK2-Sの本体サイズは、幅347×高さ601×奥行き431mm、重さ18.0kg。付属品は保護ネットなど。
《満井》

関連ニュース

特集

page top