東芝、「Qosmio」シリーズにNVIDIA製最新グラフィックカード搭載モデル | RBB TODAY

東芝、「Qosmio」シリーズにNVIDIA製最新グラフィックカード搭載モデル

IT・デジタル ノートPC
dynabook Qosmio WXW
  • dynabook Qosmio WXW
  • 背面
  • サブウーハー
 東芝は、AV向けノートPCシリーズ「Qosmio」の新製品として、NVIDIA製の最新グラフィックアクセラレータを搭載したWebオリジナルモデル「dynabook Qosmio WXW」を発表。同社直販サイトにて7月下旬から販売を開始する。

 同製品は、NVIDIA製のグラフィックカード「GeForce 9800M GTX/9700M GTS」を搭載するグラフィック強化モデル。GeForce 9800M GTX 搭載の「Qosmio WXW/79GW」とGeForce 9700M GTS搭載の「Qosmio WXW/77GW」を用意。Windows Vistaから実装されたDirectX 10に対応し、高解像度のゲームをリアリティのあるグラフィックで楽しめる。

 CPUはCore 2 Duo(仕様詳細は近日公開)、メモリは2GB、ディスプレイは17V型ワイド液晶(WSXGA+)を搭載。HDDは7,200rpmの160GBを装備し、Qosmio WXW/79GWにはHDDとともに64GBのSSDを搭載したモデルも用意される。また、高音域から低音域までクリアなサウンドを再現するharman/kardon 5ステレオスピーカーシステム、有効画素数131万画素のWebカメラを搭載する。

 そのほか、PCと液晶テレビをつないでゲームやデジカメ写真などを大画面で楽しめるHDMI端子を搭載。HDMIケーブルで同社液晶テレビ「レグザ」と接続すれば、レグザのリモコンでHDDに保存してある映像を楽しめる「レグザリンク」に対応する。

 価格は、Qosmio WXW/79GWのHDDモデルが278,000円から、Qosmio WXW/79GWのSSDモデルが348,000円から、Qosmio WXW/77GWが198,000円から。

 スペック詳細は以下のとおり。

●Qosmio WXW/79GW/77GW
CPU:Core 2 Duo(仕様詳細は近日公開)
HDD:160GB
SSD:64GB(搭載モデルのみ)
メモリ:2GB 
ディスプレイ:17V型ワイド液晶
最大解像度:1,680×1,050ピクセル(WSXGA+)
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
OS:Windows Vista Home Premium
インターフェース:USB2.0×3/eSATA・USB2.0共用/IEEE1394(4ピン)/HDMI出力/光デジタルオーディオ出力/ミニD-Sub15ピンなど
無線LAN:IEEE802.11b/g/n ドラフト2.0準拠
本体サイズ:幅412×高さ43.2〜62.5×奥行き306mm

 なお、光学式マウスとOffice Personal 2007 with PowerPoint 2007の有無が選択可能。
《近藤》

特集

page top