パナソニック、基本性能の向上をはかったノートPC「Let'snote」の春モデル5シリーズ | RBB TODAY

パナソニック、基本性能の向上をはかったノートPC「Let'snote」の春モデル5シリーズ

 パナソニックは29日、同社製ノートPC「Let'snote(レッツノート)」シリーズの新ラインアップとして、基本性能の向上をはかった春モデル5シリーズを発表。2月20日に発売する。価格はオープン。

IT・デジタル ノートPC
上段左から「F8」「Y8」「W8」、下段左から「T8」「R8」
  • 上段左から「F8」「Y8」「W8」、下段左から「T8」「R8」
 パナソニックは29日、同社製ノートPC「Let'snote(レッツノート)」シリーズの新ラインアップとして、基本性能の向上をはかった春モデル5シリーズを発表。2月20日に発売する。価格はオープン。

 今回発表になった春モデル「F8」「W8」「T8」「R8」「Y8」の5シリーズは、全モデルで2GBのメモリを搭載し、HDD容量をアップグレードするなど基本性能の向上をはかっている。vProテクノロジー インテル Centrino 2を採用(Y8を除く)し、企業向けPCとしてもIT運用管理機能の強化が可能。また、全モデルで「76cm動作落下試験」「100kgf加圧振動試験」の実施と「キーボード全面防滴」を実現。設計から製造までを神戸工場で行う国内生産モデルとなる。

 F8シリーズは、14.1V型ワイド液晶を搭載し世界最軽量をうたうノートPC。持ち運びに便利なハンドルを備える。OSはWindows Vista Business SP1。CPUはCore 2 Duo SP9300(2.26GHz)、HDDは250GB、光学ドライブはDVDスーパーマルチを搭載。無線LANはIEEE802.11a/b/g/nドラフト2.0準拠。インターフェースはUSB×3/ミニD-sub15ピン/モデムコネクタ/LANコネクタ/メモリカードスロットなど。バッテリはリチウムイオン充電池で、最大バッテリ駆動時間は約9時間。本体サイズは326×高さ25.5〜48.5×奥行き251mm。重さは約1.63kg。Office搭載モデル「CF-F8FWMQJR」のみの発売で、予想実売価格は290,000円前後。

 W8シリーズは、光学ドライブ内蔵で約1.249kgと軽量な12.1型液晶搭載ノートPC。OSはWindows Vista Business SP1。CPUはCore 2 Duo超低電圧版SU9300(1.2GHz)、HDDは160GB、光学ドライブはDVDスーパーマルチを搭載。無線LANはIEEE802.11a/b/g/nドラフト2.0準拠。インターフェースはUSB×3/ミニD-sub15ピン/モデムコネクタ/LANコネクタ/メモリカードスロットなど。バッテリはリチウムイオン充電池で、最大バッテリ駆動時間は約11時間。本体サイズは272×高さ24.9〜45.3×奥行き214.3mm。重さは約1.249kg。予想実売価格はOffice搭載モデル「CF-W8FWDNJR」が275,000円前後、非搭載モデル「CF-W8FWDAJR」が245,000円前後。

 T8シリーズは、光学ドライブを搭載しないモバイル向けの12.1型液晶搭載ノートPC。OSはWindows Vista Business SP1。CPUはCore 2 Duo超低電圧版SU9300(1.2GHz)、HDDは160GBを搭載。無線LANはIEEE802.11a/b/g/nドラフト2.0準拠。インターフェースはUSB×3/ミニD-sub15ピン/モデムコネクタ/LANコネクタ/メモリカードスロットなど。バッテリはリチウムイオン充電池で、最大バッテリ駆動時間は約11時間。本体サイズは272×高さ24.9〜45.3×奥行き214.3mm。重さは約1.179kg。予想実売価格はOffice搭載モデル「CF-T8FW1NJR」が250,000円前後、非搭載モデル「CF-T8FW1AJR」が220,000円前後。

 R8シリーズは、10.2型液晶搭載で1kgを切る重さ約930gのコンパクトモデル。OSはWindows Vista Business SP1。CPUはCore 2 Duo超低電圧版SU9300(1.2GHz)、HDDは160GBを搭載。光学ドライブはなし。無線LANはIEEE802.11a/b/g/nドラフト2.0準拠。インターフェースはUSB×2/ミニD-sub15ピン/モデムコネクタ/LANコネクタ/メモリカードスロットなど。バッテリはリチウムイオン充電池で、最大バッテリ駆動時間は約8時間。本体サイズは229×高さ29.4〜42.5×奥行き187mm。重さは約0.93kg。予想実売価格はOffice搭載モデル「CF-R8FW1NJR」が230,000円前後、非搭載モデル「CF-R8FW1AJR」が200,000円前後。

 Y8シリーズは、解像度1,400×1,050ピクセル(SXGA+)に対応する14.1型液晶搭載のノートPC。OSはWindows Vista Business SP1。CPUはCore 2 Duo超低電圧版L7800(2GHz)、HDDは250GB、光学ドライブはDVDスーパーマルチを搭載。無線LANはIEEE802.11a/b/g準拠。インターフェースはUSB×2/ミニD-sub15ピン/モデムコネクタ/LANコネクタ/メモリカードスロットなど。バッテリはリチウムイオン充電池で、最大バッテリ駆動時間は約8時間。本体サイズは309.6×高さ28〜44.5×奥行き245.5mm。重さは約1.52kg。予想実売価格はOffice搭載モデル「CF-Y8FWMQJR」が295,000円前後、非搭載モデル「CF-Y8FWMCJR」が265,000円前後。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top