インターネットマルチフィード、複雑化するコンテンツのIPv6対応化実証実験を開始 | RBB TODAY

インターネットマルチフィード、複雑化するコンテンツのIPv6対応化実証実験を開始

エンタープライズ その他

IPv6実験イメージ図
  • IPv6実験イメージ図
 インターネットマルチフィードは7日、大規模サーバと複雑なコンテンツをIPv6に対応させるための実証実験を開始した。
 
 日本経済新聞社、日経デジタルメディア、日経統合システムと共同で実験に取り組み、各社が提供する複雑なWebコンテンツを利用しながら、大規模サーバとデータセンタネットワークのIPv6対応指針と、IPv6技術に対応したコンテンツ構築指針を明確にしていくとのこと。

 具体的には、IPv4インターネット環境およびIPv6インターネット環境を保有するMFのデータセンター拠点内に「IPv4/IPv6変換サーバ」を設置し、IPv6によるアクセスをIPv4からのアクセスであるかのように変換する環境を構築する。これにより、各社が保有する既存のWebサイトに、IPv6インターネット側よりアクセス可能となる。そのうえで、IPv4インターネットからのアクセスと同等のサービスが実現できているかの確認、IPv6インターネットからアクセスした場合に取得できるユーザ情報の評価、IPv6コネクティビィティサービスを提供する際に必要な機器および機能の検証を行い、最終的にはコンテンツ作成時におけるIPv6対応への指針、データセンターにおけるIPv6サービス提供の指針を明確化するのが狙いだ。実証実験は2009年9月末まで行われる予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top