日商エレとITコア、仮想クライアント55台の稼働と低消費電力量を実証 | RBB TODAY

日商エレとITコア、仮想クライアント55台の稼働と低消費電力量を実証

エンタープライズ その他

検証環境システム構成図
  • 検証環境システム構成図
 日商エレクトロニクスとITコアは19日、日本HPの「HP ProLiant DL580 G5」上で、仮想クライアント55台の稼動の実現と、仮想クライアントあたり0.14Aの低消費電力量を実証したことを発表した。米Virtual Iron Software社のサーバ仮想化ソフトウェア「Virtual Iron」により実現した。

 検証方法は、Microsoft Windows XP ProfessionalをゲストOSとする仮想クライアントを5台ずつ増やし、実サーバのプロセッサ使用率、メモリ消費量、消費電力を調べるという内容だ。仮想クライアントあたりのプロセッサ使用率は、一般的なクライアントPCの使用率を10〜15%と想定し、それに該当するアプリケーションを稼動させた。55台の仮想クライアントが稼働し、結果は、仮想化システムの消費電力は7.5Aとなり、仮想クライアントあたりの消費電力量が0.14Aと、非常に小さな電力でサービスできることが確認された。この検証から、インテルXeonプロセッサ 7400番台を搭載する最新のサーバにデスクトップ環境を仮想化で統合することで、デスクトップあたりに消費される電力量を抑えられることがわかるとしている。グリーンIT戦略を推進する企業サービスのプラットフォームとして、非常に高い期待がもてるとのこと。

 日本ヒューレット・パッカード ビジネスデベロップメント部 部長の正田三四郎氏は「お客様はITの仮想化、コスト削減、環境問題への対応などさまざまな課題に直面しています。日本HPでは、仮想化に最適な機能と省電力機能を特徴とする、6コア搭載のインテル Xeon プロセッサ7400 番台を採用したHP ProLiant DL580 G5を、仮想化環境構築に最適なプラットフォームのひとつとしてご提案しています。今回、日商エレクトロニクス社、ITコア社の両社による総合的な検証とそのデータは、まさにお客様の課題解決につながるものであり、歓迎いたします」とのコメントを寄せている。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top