ヤマハとトレンドマイクロ、中小企業向けセキュリティ分野で協業〜ヤマハのFWルータにトレンドマイクロの技術を組み込み | RBB TODAY

ヤマハとトレンドマイクロ、中小企業向けセキュリティ分野で協業〜ヤマハのFWルータにトレンドマイクロの技術を組み込み

 ヤマハとトレンドマイクロは16日、中小企業のIT利活用におけるセキュリティ分野で協業することを発表した。

エンタープライズ その他
ヤマハのファイアウォールルータ「SRT100」と、トレンドマイクロの法人向け総合セキュリティソフトが動作連携
  • ヤマハのファイアウォールルータ「SRT100」と、トレンドマイクロの法人向け総合セキュリティソフトが動作連携
 ヤマハとトレンドマイクロは16日、中小企業のIT利活用におけるセキュリティ分野で協業することを発表した。

 協業の第一弾として、ヤマハのファイアウォールルータ「SRT100」と、トレンドマイクロの法人向け総合セキュリティソフト「ウイルスバスターコーポレートエディション 8.0」ならびに「Trend Micro ビジネスセキュリティ 5.0」が動作連携、「ポリシーチェック機能」が利用可能となる。「ポリシーチェック機能」はSRT100が管理サーバと連携することで、セキュリティ対策の実施の有無やパターンファイルが最新であるかどうかが確認され、適切に運用されていないクライアントは外部への通信がブロックされるという機能だ。

 「SRT100」は、ネットワークセキュリティ、ルーティング、マネジメントを1台で実現するSOHOおよび中小規模拠点向けのセキュリティ対策装置。ヤマハは、動作連携を実現する「SRT100」用ファームウェアを2009年1月中にホームページ上にて無償で公開する予定。本協業により、ヤマハでは今後1年間に「SRT100」3000台の販売増を見込んでいる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top