三菱電機と京都大学、自律型セル生産ロボットシステム開発の産学連携活動を本格化 | RBB TODAY

三菱電機と京都大学、自律型セル生産ロボットシステム開発の産学連携活動を本格化

 三菱電機と京都大学は25日、自律型セル生産ロボットシステム開発の連携を本格化し、共同研究を開始すると発表した。

ブロードバンド その他
 三菱電機と京都大学は25日、自律型セル生産ロボットシステム開発の連携を本格化し、共同研究を開始すると発表した。

 今回の発表により、三菱電機西部地区研究所のInnovation & Synergy Center(IS棟)内に京都大学との社外連携室を設置し、京都大学の「研究型インターンシップ制度」を活用して、学生インターンが三菱電機内で三菱電機社員と共同で研究できる体制を整え、本格的な研究開発活動を開始することとなる。なお、同研究の一部は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託を受けて実施している。

 今後は、エラーリカバリー技術と機種切り替えの迅速化技術などを研究して、これらの知能モジュールを組み込んだ自律型セル生産対応ロボットを実現し、ラインでの実用化、およびセル生産システムを実現するためのロボット製品の事業化を目指すとしている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top