富士通、米国のコンピュータ歴史博物館にスーパーコンピュータを寄贈〜記念イベントも開催 | RBB TODAY

富士通、米国のコンピュータ歴史博物館にスーパーコンピュータを寄贈〜記念イベントも開催

ブロードバンド その他
 富士通は12日、航空宇宙技術研究所(NAL)と共同開発した数値風洞システム(NWT:Numerical Wind Tunnel)および富士通製ベクトル型スーパーコンピュータ「VPPシリーズ(VPP500、VPP300/700、VPP5000)」用に開発したプロセッサなどのコンポーネントを、米国のThe Computer History Museum(コンピュータ歴史博物館)に寄贈したことを発表した。

 同日には寄贈記念式典も開催され、NWT/VPPの数値流体力学発展への貢献と、富士通のペタスケール・コンピューティングへの取り組みに関し、講演会も開催された。後援には、NASAアドバンスド・スーパーコンピューティング部門チーフ ルパック・ビスワス 博士、富士通 経営執行役常務 海外ビジネスグループ 米州総代表 浦野 哲夫らが登壇した。

 ちなみに 富士通と航空宇宙技術研究所は1989年、当時非常に高速であった富士通VP400ベクトル型スーパーコンピュータのさらに100倍以上の性能を数値流体力学で達成することを目指し、スーパーコンピュータの共同開発に着手。1993年に航空宇宙技術研究所と共同開発されたNWTは、稼働直後の1993年11月にスーパーコンピュータのトップ500ランキングにおいて日本で初めて1位を獲得した。このNWTプロジェクトで培った技術により、1993年に発売された商用スーパーコンピュータであるVPP500と後継機のVPP300/700および VPP5000が開発され、数値流体力学、気象予報などの数値シミュレーション分野で、ヨーロッパ中期気象予報センター(ECMWF)、フランス気象局(METEO FRANCE)やオーストラリア国立大学など世界中の組織に利用されたという。

 コンピュータ歴史博物館 CEO John Hollarは「私たちは、富士通がこの博物館にこのように重要な寄贈をされたことに、大変感謝しています。世界のコンピュータ遺産の最大のコレクションの本場として、私たちは富士通と日本の産業界・利用者コミュニティーの果敢な挑戦の証をいただき大いに感動しました。」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top