見る角度によって色が変わるワンセグケータイ「SoftBank 824T」は9月6日発売 | RBB TODAY

見る角度によって色が変わるワンセグケータイ「SoftBank 824T」は9月6日発売

 ソフトバンクモバイルは、東芝製携帯電話「SoftBank 824T」を9月6日に発売する。

ブロードバンド その他
SoftBank 824T
  • SoftBank 824T
  • カラーバリエーション
 ソフトバンクモバイルは、東芝製携帯電話「SoftBank 824T」を9月6日に発売する。

 SoftBank 824Tは、2.8型ワイドQVGAクリアスクリーン液晶とオートフォーカス対応の約2.0メガピクセルカメラ、Bluetoothを搭載したワンセグケータイ。撮った写真の暗い部分だけを自然な明るさに5段階で調整できる「ブライト変換」や、人物の顔を認識して肌の部分だけ綺麗に仕上げる「美肌カメラ」機能を搭載するほか、「画質設定」や「輪郭強調」などの機能によって、番組内容や視聴環境に適した映像でワンセグを視聴できる。また、電子番組表アプリからワンセグの番組を簡単に予約できる予約視聴にも対応している。

 見る角度によってきらびやかに色が変化するボディカラーが特徴で、色彩心理学者・末永蒼生氏の監修による、幸福感や開放感を促す「パステルピンク」や落ち着きをもたらす「パステルブルー」など、癒しを演出する4色のカラーバリエーションが用意されている。また、ボタンは、文字の視認性や操作性、押し感にこだわった、指に馴染む膨らみを持たせた大型のフレームレスキーを搭載している。

 本体サイズは50×103×17.8mm、重量は約112g。連続通話時間は約180分、待ち受け時間は約440時間、ワンセグ連続視聴時間は約3時間10分(エコモード時は約3時間40分)。カラーは、パステルピンク、パステルブルー、パステルパープル、ビビットピンク。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top