ソニー、従来比約1,6倍の輝度のプロジェクター用光源向け赤色半導体レーザーアレイ | RBB TODAY

ソニー、従来比約1,6倍の輝度のプロジェクター用光源向け赤色半導体レーザーアレイ

 ソニーは21日、プロジェクター用光源に最適な短波長・高出力の赤色半導体レーザーアレイを発表した。

ブロードバンド その他
レーザーの外観
  • レーザーの外観
  • レーザーの構造
  • レーザーの特性
 ソニーは21日、プロジェクター用光源に最適な短波長・高出力の赤色半導体レーザーアレイを発表した。

 今回発表された半導体レーザーは、同社が従来開発していた波長645nmのレーザーと比較して、視感度が高い波長635nmとすることで従来比約1.6倍の輝度の赤色レーザー光源を可能としたもの。長さ10mm、エミッタ数25個というアレイ構造の半導体チップを銅製のヒートシンクに接合した構造が採用され、レーザー構造の中の活性層薄膜の均一性向上をはじめ、クラッド層材料であるアルミニウムインジウムリン(AlInP)の高純度化とp型伝導を得るためのマグネシウムドーピングの厳密な濃度コントロールをおこなった結果、レーザーの発振開始電流の低減をはかり、レーザー発振の性能向上を実現した。

 また、レーザーアレイの実装において、レーザーアレイとヒートシンクの接合に新しい実装技術を導入することにより、デバイスからヒートシンクへの排熱効率を向上させたほか、レーザーアレイの実装位置精度を高くしてレーザー光の光学部品への光の結合効率を向上させている。その結果、波長635nm、光出力7.2W、エネルギー変換効率23%、動作温度25を達成した。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top