日本TI、低消費電力DSP/アプリケーション・プロセッサのロードマップを発表 | RBB TODAY

日本TI、低消費電力DSP/アプリケーション・プロセッサのロードマップを発表

 日本テキサス・インスツルメンツは29日、15種類の低消費電力プロセッサ新製品で構成された4つの製品群のロードマップを発表した。

エンタープライズ その他
DSPチップファミリ
  • DSPチップファミリ
 日本テキサス・インスツルメンツは29日、15種類の低消費電力プロセッサ新製品で構成された4つの製品群のロードマップを発表した。

 「TMS320C674x DSP」は、医療機器、オーディオ機器、産業機器向けの浮動小数点DSP。既存の浮動小数点DSPと比較して消費電力を3分の1まで低減できるなど24-32ビットの演算精度を持つ業界でもっとも消費電力の低い浮動小数点DSPとされ、消費電力は待機時は6mW、動作時は420mWとなっている。供給は、2008年第4四半期に開始される予定だ。

 「TMS320C640x DSP」は、既存の「TMS320C6000」プラットフォーム製品と比較して2分の1の消費電力を実現したソフトウェア無線機、産業向け計測機器向けプロセッサ。「C64+ DSP」コアがベースとなっていて、消費電力は待機時は6mW、動作時は415mWとなっている。TMS320C674x DSP、および「OMAP-L1x」製品とのピン互換性を備え、機能拡張が容易に行える。供給は、2009年第1四半期より開始される予定だ。

 OMAP-L1xは、ARM9、またはARM9+DSPベースのアプリケーション・プロセッサ。豊富な機能を備えたGUIを搭載できるほか、さまざまなペリフェラル機能も提供され、ネットワークやタッチスクリーンの搭載も可能だ。また、LinuxやDSP/BIOSのリアルタイム・オペレーティング・システムによるアプリケーションの開発に対しても柔軟な開発環境を提供する。消費電力は、待機時が6mW、動作時が435mWとなっている。供給は2009年第1四半期より開始される予定だ。

 TMS320C550xは、高速解析に最適化されたFFTコプロセッサと大容量メモリを搭載し、消費電力を既存の「C5000」製品の2分の1にまで低減した、複数のパラメータを処理する医療機器、ノイズ・リダクション・ヘッドフォン、ポータブル・オーディオ機器、ミュージック・レコーダー向けのプロセッサ。消費電力は、待機時が6.8uW、動作時は46mW。供給は2009年第1四半期より開始される予定だ。

 いずれの製品も100個受注時の単価(参考価格)は9ドル以下となっている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top