NEC、自動設定機能を搭載したアクセスルータ「UNIVERGE IX2005-Z」発売開始 | RBB TODAY

NEC、自動設定機能を搭載したアクセスルータ「UNIVERGE IX2005-Z」発売開始

 NECならびにNECインフロンティアは28日より、アクセスルータ「UNIVERGE(ユニバージュ) IXシリーズ」の新製品「UNIVERGE IX2005-Z」の販売を開始した。

エンタープライズ その他
UNIVERGE IX2005-Z
  • UNIVERGE IX2005-Z
 NECならびにNECインフロンティアは28日より、アクセスルータ「UNIVERGE(ユニバージュ) IXシリーズ」の新製品「UNIVERGE IX2005-Z」の販売を開始した。

 「UNIVERGE IX2005-Z」は、小規模拠点向け低価格・高性能・省スペース製品として販売されている「UNIVERGE IX2005」に、インターネットを介して自動設定・管理を行う「ゼロコンフィグ機能」を付加し、導入や運用管理を容易にした新製品。新製品をインターネット回線に接続するだけで、設定情報がサービスセンタの管理サーバからダウンロードされ、導入作業が完了するため、専門知識を有した作業員が現地に赴くといった必要がない。運用時には、新製品から監視用データをサービスセンタに送信することで、稼動(死活)監視や負荷状況、ログ確認などの遠隔管理が可能となる。また、バージョンアップや設定変更もサービスセンタから集中的に行うことも可能。

 10/100BASE-TXを5ポート搭載。光ブロードバンドサービス、VPNサービス、イーサネットサービス、コンテンツ配信サービス(ベストエフォート)などのNGNに対応する。サイズは135mm×196mm×36mm(ゴム足を含む)、質量0.8kg以下。IPv6の諸機能や、RoHS指令準拠にも対応する。

 希望小売価格は7万9千円。NECグループではUNIVERGE IXシリーズ全体で年間10万台の販売を見込んでいるとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top